血液をサラサラにする血管に優しいサプリで血流ドロドロ改善方法

 

貴方の血液サラサラしていますか?乱れた食生活や運動不足、不規則な生活習慣改めないと取り返しのつかない生命の危険にさらされるかもしれません。油ギトギト、糖分や塩分の過剰摂取、睡眠不足、ストレス等が原因で血液がドロドロになりプラーク、血栓がトリガーになって・・・。
厚生労働省の発表によると日本人の死亡原因が1番目に癌(がん)、二番目に心臓疾患、三番目に脳血管疾患となっています。
人の血管は加齢とともに弾力を失い血流が悪くなり段々と老化していくといわれています。
このようにドロドロの血液がもたらす血管が硬くなる動脈硬化や血管の中にできる血栓が原因で心筋梗塞や脳梗塞などを発症させることも珍しくありません。
40代半ばのサラリーマンが朝元気に家を出たけど仕事場で心筋梗塞を発症し・・・。
サイレントキラーという言葉をご存知でしょうか?暗黙の病気と言われるほどある日突然予告もなく・・・。

 

血液をサラサラにする食べ物や食材とアンチエイジング

 

食生活の見直しで血液をサラサラに・・・

血液の中のコレステロールや中性脂肪を減らす食品を摂取する。

青魚、大豆の食品、食物繊維豊富な野菜類、キノコ類、イモ類、海草類

抗酸化物質を多く含んだ物を!

ポリフェノール、カロチノイド、ビタミンC、ビタミンEを含んだ野菜やくだもの、緑茶等。

血栓が発生しにくい食品を極力摂取する。

野菜や果物。玉ねぎ、ニンニク、大豆食品の納豆は血栓をとかすナットウキナーゼという酵素が注目されています。

大豆が血管をパワーアップする良い食材

豆腐や納豆などの主原料の大豆。大豆には植物性のたんばく質が多く含まれ、体内の細胞を再生させて血管をパワーアップする効果が期待できます。また、「大豆イソフラボン」をはじめ「大豆レシチン」「大豆サポニン植物ステロール」など大豆ならではの成分の中には悪玉コレステロールのマイナス、脂肪の吸収コントロールなどの効果が期待できます。これ以外に、新陳代謝の活性化成分として亜鉛、糖尿病や動脈硬化などを予防するマグネシウム、若返りのビタミンなどと呼ばれるビタミンE、脂肪の代謝を活発化させるビタミンB1などが含まれていています。

青魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)

青魚は、栄養に関連した代表的な優れた食材ではないでしょうか。そのワケには良質なたんばく質を豊富に含み平均的には、魚体の約2割のたんばく質については、身体の組織を構成する食料で、血管細胞を強化する役割があります。また、オメガ3系という名の2種類の脂肪酸である、DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)を非常に含まれているのです。これらの脂肪酸は、イワシ、サンマ、ぶり、さばなどの青魚に豊富に含まれています。DHAは、脳の細胞や神経組織を活性化させることによって、脳の老化予防、記憶力を鍛え上げる良い効果に期待できます。 EPAは善玉コレステロールを増やして、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らす効果が期待できるもので、血液をサラサラに、動脈硬化の改善予防にも効果が期待できます。
注.EPA(エイコサペンタエン酸)はIPA(イコサペンタエン酸)ともいいます。

血管にやさしいオメガ3系オイル

多くの家庭で活用されているマーガリンや植物油、ごま油などは、「オメガ6系脂肪酸」と言われていて、それらのものの過剰摂取によって動脈硬化をスピードアップさせている可能性があるといわれています。その反面で、おすすめしたいのがオメガ3系脂肪酸になります。今メディアで有名なえごま油や亜麻仁油などがこれに相当します。今人気の理由には、EPAやDHAを青魚と同じように豊富に持ち合わせているからです。とは言っても、いくら良い油といってもハイカロリーであるから、過剰摂取には気をつける必要があります。また、オメガ3系は加熱をすることによって酸化される可能性が高いので、非加熱の状態で摂取するようにしてください。

 

血液をサラサラにする飲み物

 

赤ワインを飲んで心臓疾患や動脈硬化の予防に期待ができます。

昔から酒は「百薬の長」と伝えられており、その中でも赤ワインは医学的な立場からもその効果が実証されています。フランス料理には脂質がたくさんあるのにフランス人には心臓病が多くないとされるフレンチパラドックス.が存在してるように、赤ワインなどに含まれるポリフェノールは抗酸化作用が割高といわれていて、心臓疾患や動脈硬化などの予防効果に期待ができるということが認識されています。この赤ワインにはポリフェノールたっぷりの葡萄(ぶどう)の種や皮も全部そのまま醸造されるのと同時に、ワインができる途中で真新しいポリフェノールも誕生するので、通常の葡萄ジュースには持ち合わせていない効能が数多く潜んでいるのです。だからと言って、アルコールの摂取し過ぎは健康を損なうため、適量をほどほどにしましょう。なおワイングラスで1日1?2杯が通常の目安になります。

 

一杯のお茶で健康改善

お茶の名産地の静岡県を筆頭に癌(がん)が発症する人が多くないといわれていたそうです。その理由には、お茶に含まれたカテキンという成分には癌を予防する効果に期待ができることがわかりました。
このカテキンは、お茶の渋みを受けて、フラボノイドというポリフェノールの仲間でカテキンには高レベルな抗酸化作用があって、しかも体脂肪を燃焼し易くしたり、血糖値アップを減少させたりする効果があるということも実証されているのです。
カテキンには抗菌効果も存在していて、お茶の産地で有名な静岡県のある小学校において、インフルエンザが流行するタイミング前には緑茶でうがいを励行しているそうです。現時点では、どれくらいの量を飲めば効果があるのかはわかっていませんが、ゆっくりお茶を飲む時間はストレスの軽減にもなるといわれています。

 

血液をサラサラにするサプリ

血液がドロドロ状態で動脈硬化が招く生命にかかわる病気

 

動脈硬化というのは、動脈が狭くなって血流が悪化するために発症する多くの病気
(心筋梗塞や狭心症、脳梗塞、閉塞性動脈硬化症、または大動脈瘤など)を総称して言い表します。
脳梗塞(のうこうそく)
脳梗塞は、脳へ酸素を供給する動脈の、動脈梗化が原因で発症するものです。身体の中で一番に酸素やが必要とされているのが脳ということです。そのことから、脳動脈硬化による動脈閉塞は、脳に対して致命的な損傷を与えます。
脳梗塞で脳の一部に脳に障害が起こったとしても、その後でリハビリなどで障害が起きてない脳にショックを与えてることで、程度の差はあれど機能が好調になります。
心筋梗塞(しんきんこうそく)
心筋梗塞には、心臓の筋肉に酸素や栄養を供給する冠状動脈に動脈硬化といった変化が発症し血流が停止することで心筋の破壊が発生する病気になります。筋肉痛で胸部に鈍い傷みが生じて、筋肉破壊の程度が進化すると心臓の働きもきわめて悪化するおっかない病気です。現代では、治療法が発展したため早期発見することで死亡することは減少しました。が、発見が遅れると致死率20?30%
と、まだまだ油断ならないとんでもない病気です。また、一度でも心筋梗塞を発症すると心臓の働きが劣化し、また再発のリスクがあるので、それから先の生活は無条件で制限されるのです。
狭心症(きょうしんしょう)
狭心症というものは、心臓の血管とされる冠状動脈が動脈硬化し、発症しますが完全に血流の途絶がおこるのではありません。その時だけ、心臓の筋肉が必須としている醸素が充分に供給されません。
それでも完全に動脈がつまっているということはありませんので、休めば治ってしまうという特徴があげられます。
この状態を、労作性狭心症とよびます。
この状態がさらに進むと、それほど労働をしなくても、狭心症発作をおこすようになります。これを不安定狭心症とよび、ほぼ心筋梗塞の前段階ということができます。不安定狭心症では寝ているという安静状態ですら、しばしば狭心症発作をおこすことが特徴です。